MENU

NIIGATA
ALBIREX BB

MENU

NEWS

HOME>ニュース>【試合結果】5/6(日) 2017-18シーズン B1リーグ 第32節 レバンガ北海道戦 GAME1

【試合結果】5/6(日) 2017-18シーズン B1リーグ 第32節 レバンガ北海道戦 GAME1

DSC_3992.jpg

第3Qに突き放し勝利

2017-18シーズンも残り2試合。アウェイで最終節を迎えた新潟アルビレックスBBは、レバンガ北海道との2連戦に臨む。GAME1のスタメンは、#7五十嵐、#30今村、#31城宝、#34ハミルトン、#54ガードナーの5人。対する北海道は、#1関野、#5ミラー、#8多嶋、#11桜井、#23野口。外国籍選手オンザコート数は、新潟2-1-1-2、北海道1-2-1-2。

■第1Q 新潟21-18北海道 ※オンザコート数:新潟2、北海道1
DSC_3459.jpg
開始から北海道#8多嶋に連続3P、さらにはターンオーバーから#1関野にバスケットカウントを許すなど、新潟はシュートを決め切れず、苦しい出だし。#34ハミルトンが連続得点を決めるも、#1関野に3Pを許す。それでも#31城宝が2本の3Pを決め、リバウンドから#54ガードナーが押し込み、徐々にペースを掴むと、インサイドアタックから#54ガードナーがバスケットカウントを繰り返し、3点リードで第2Qへ。

■第2Q 新潟36-30北海道(15-12) ※オンザコート数:新潟1、北海道2
DSC_4206.jpg
新潟は#0遥、北海道は#5ミラーがそれぞれジャンパーを沈める。#30今村との連携から#34ハミルトンが決め、#32池田のジャンパーで北海道がタイムアウト。#9折茂にジャンパーを許すも、インサイドから#54ガードナー、ファストブレイクから#30今村が加点し、#32池田も3Pを決めてリードを広げる。しかしゾーンプレスなど北海道の激しいディフェンスに苦しみ、ターンオーバーを喫すると、徐々に点差を詰められてしまう。それでも終盤#54ガードナーが決めて、6点リードで後半へ。

■第3Q 新潟67-45北海道(31-15) ※オンザコート数:新潟1、北海道1
DSC_8996.jpg
#54ガードナーがディフェンスリバウンドから自ら持ち込みバスケットカウント。#7五十嵐の3P、#0遥のジャンパーとオフェンスで流れを掴む。北海道#11桜井のアタックから失点するも、#54ガードナーのアタック、#32池田の2本の3Pでさらに得点を重ねていく。#0遥、#11鵜澤のジャンパー、インサイドから#54ガードナーが加点し、#30今村のドライブイン、終盤は#11鵜澤が3P、ジャンパーと得点を重ね、22点と大きなリードを得て最終Qへ。

■第4Q 新潟81-68北海道(14-23) ※オンザコート数:新潟2、北海道2
DSC_4808.jpg
点差を詰めるべく前からプレスをかける北海道に対し、ターンオーバーを繰り返してしまう。思うようなオフェンスを展開できず、#12トンプソンや#5ミラーに得点される悪循環。新潟はタイムアウトで流れを切り、#15ダフォーのジャンパー、#34ハミルトンのダンクで得点するが、#12トンプソンのアタックを止めきれず、流れは北海道。それでも#54ガードナーの3P、#7五十嵐のドライブインで加点し、#7五十嵐が3Pを決めて勝利を引き寄せる。終盤は#5佐藤、#41輪島が出場するなど、ベンチ登録メンバー全員が出場し、試合終了。終始リードを保ち、GAME1を制した。

DSC_4425.jpg

■スコア
新潟アルビレックスBB 81-68 レバンガ北海道
1Q 21-18
2Q 15-12
3Q 31-15
4Q 14-23

■スターティング5
#7 五十嵐圭
#30 今村佳太
#31 城宝匡史
#34 ラモント・ハミルトン
#54 ダバンテ・ガードナー
※外国籍選手オンザコート数:2-1-1-2

■主な個人成績
#54ガードナー 27得点、14リバウンド、4アシスト
#32池田 11得点、6リバウンド
#7五十嵐 8得点、3アシスト、2スティール
#34ハミルトン 8得点、3リバウンド
#11鵜澤 7得点、3リバウンド
#0遥 6得点、3リバウンド
#31城宝 6得点、2リバウンド、2アシスト

ボックススコア、試合後コメントはこちら

RELATED

関連ニュース

オフィシャルユニフォーム&ウェアスポンサー

プレミアムスポンサー

オフィシャルスポンサー

ユニフォームウェアサプライヤー

広告スポンサー

睡眠サポートカンパニー

サポートカンパニー

自動販売機設置店