MENU

NIIGATA
ALBIREX BB

MENU

NEWS

HOME>ニュース>【試合結果】2/19(日) B1リーグ 第20節 GAME2 京都ハンナリーズ戦

【試合結果】2/19(日) B1リーグ 第20節 GAME2 京都ハンナリーズ戦

 

DSC_0046.jpg

最後まで粘るも逆転ならず

昨夜はホームの大声援の中逆転勝利。連勝を目指すGAME2。新潟のスタートは#5佐藤優、#7五十嵐、#13チャップマン、#23佐藤公、#44バン・トリース。前日に負傷した#54ガードナーは欠場。対する京都は#2川嶋、#5ダブ、#12岡田、#33内海、#42コッツァーの5人。オンザコート数は新潟、京都ともに2-1-1-2。

■第1Q 新潟22-23京都 ※オンザコート数:新潟2、京都2
京都#12岡田に3Pを許すと、#5ダブの連続得点で0-7とされタイムアウト。庄司HCの檄が飛び仕切り直すと、#13チャップマンが積極的なアタックを見せる。#33内海の3Pや#42コッツァーを中心に効率的に得点する京都に対して、#3畠山がリズムを作り、#13チャップマン、#44バン・トリースがインサイドから、自らも得点し食らいつく。22-23と1点ビハインドまで盛り返し第2Qへ。

■第2Q 新潟30-43京都(8-20) ※オンザコート数:新潟1、京都1
#7五十嵐の3P、#13チャップマン、#23佐藤公、#5佐藤優のシュートはいずれもリングに嫌われてしまう。逆に京都#5ダブのジャンパー、#12岡田に3Pを許し劣勢に。#13チャップマンのダンクでようやくこのQ初得点を挙げるが、インサイドをアタックする京都#42コッツァーに苦戦。終盤スティールから#7五十嵐がレイアップを決めるも、このQは8得点に留まり30-43と13点ビハインドで後半へ。

■第3Q 新潟48-56京都(18-13) ※オンザコート数:新潟1、京都1
序盤はシュートを決め切れない時間が続くが、京都のオフェンスを凌ぎつつ、#13チャップマン、#23佐藤公を中心にスコアし点差を縮める。激しいディフェンスから相手のミスを誘い、#23佐藤公の得点に繋げると、#13チャップマンのダンク、#3畠山が続き、48-56で最終Qへ。

■第4Q 新潟75-85京都(27-29) ※オンザコート数:新潟2、京都2
最終Qは点の取り合いに。#44バン・トリースと#13チャップマンのコンビで得点する新潟に対し、京都も#42コッツァー、#24ヒルを中心にスコア。その後も#13チャップマンの3P、京都は#42コッツァーとお互い外国籍選手を中心に得点していく。早く追いつきたい新潟だが、インサイドをアタックする京都を止めることが出来ず、点差を縮めることが出来ない。終盤も#13チャップマン、#7五十嵐がリングに向かい得点を重ねるも、最後まで追いつくことができずに試合終了。ホーム京都戦を1勝1敗で終えた。

DSC_1664.jpg DSC_0758.jpg
DSC_1263.jpg DSC_1043.jpg

■スコア
新潟アルビレックスBB 75-85 京都ハンナリーズ
1Q 22-23
2Q 8-20
3Q 18-13
4Q 27-29

 

■スターティング5
「新潟」
#5佐藤優樹
#7五十嵐圭
#13クリント・チャップマン
#23佐藤公威
#44スティーブン・バン・トリース
※オンザコート数:2-1-1-2

 

「京都」
#2川嶋勇人
#5マーカス・ダブ
#12岡田優介
#33内海慎吾
#42ケビン・コッツァー
※オンザコート数:2-1-1-2

 

■主な個人成績
#13クリント・チャップマン 33得点、10リバウンド
#7五十嵐圭 13得点、4アシスト、2スティール
#3畠山俊樹 10得点、3アシスト、2スティール
#44スティーブン・バン・トリース 10得点、10リバウンド、2スティール
#23佐藤公威 7得点

ボックススコア、ヘッドコーチ、選手コメントはこちら

 

チケット購入はこちら

RELATED

関連ニュース

オフィシャルユニフォーム&ウェアスポンサー

プレミアムスポンサー

オフィシャルスポンサー

ユニフォームウェアサプライヤー

広告スポンサー

サポートカンパニー

自動販売機設置店