MENU

NIIGATA
ALBIREX BB

MENU

NEWS

HOME>ニュース>【試合結果】1/1(日) B1リーグ 第15節 GAME1 アルバルク東京戦

【試合結果】1/1(日) B1リーグ 第15節 GAME1 アルバルク東京戦

DSC_3175.jpg

新年初白星ならず

2017年元旦。日本バスケ界で今年初の公式戦を迎えた新潟アルビレックスBBは、アルバルク東京とのアウェイゲーム。新潟のスタートは#7五十嵐、#13チャップマン、#23佐藤公、#32池田、#54ガードナーの5人。対するA東京は#2ギャレット、#13菊地、#15竹内、#24田中、#33ギレンウォーター。

第1Q、A東京が果敢に外から狙っていく。#33ギレンウォーターが2本の3P、さらに#13菊地も3Pで続くが、新潟も#54ガードナー、#13チャップマンがインサイドから加点していく。新潟は#7五十嵐の3Pで逆転するが、ターンオーバーから#24田中に得点を許し、リードを保てない。終盤新潟は#0遥の3P、A東京は#2ギャレットの連続得点で20-20で終了。

第2Q、A東京#7正中に3Pを許すも、#13チャップマンが3Pを決め返す。ディフェンスで粘り、#54ガードナーの得点でついていく新潟だが、#24田中、#13菊地、#20ネイミック、そして再び#24田中と連続得点を許し、一挙26-34と8点ビハインドに。ファウルオンから#54ガードナーや#7五十嵐がフリースローを決めていくが、終盤A東京#16松井に3Pを許し、35-43で前半終了。

まずは追いつきたい第3Q、#23佐藤公、#13チャップマンが決めていくが、ターンオーバーからファストブレイクを許すなど流れを掴めない。さらに#10バランスキー、#33ギレンウォーターにインサイドから決められると、ターンオーバーから再び失点と苦しい時間が続く。終盤#3畠山の仕掛けから得点するも49-63と14点ビハインドで最終Qへ。

最終Q、#3畠山のスティールから#44バン・トリース、#23佐藤公のアタックで加点。さらにタイトなディフェンスからターンオーバーを誘発し、#54ガードナーがダンクと流れを引き寄せていく。残り5分をきって59-68。逆転を目指す新潟だが、ファウルからA東京にフリースローを許すなど、点差が縮まらない。#7五十嵐の3P、#3畠山の得点で最後まで粘るも第3Qのビハインドが響き、68-77で試合終了。新年初勝利を飾ることは出来なかった。

DSC_3324.jpg DSC_2908.jpg
DSC_3196.jpg DSC_1701.jpg

■スコア
新潟アルビレックスBB 68-77 アルバルク東京
1Q 20-20
2Q 15-23
3Q 14-20
4Q 19-14

 

■スターティング5
「新潟」
#7五十嵐圭
#13クリント・チャップマン
#23佐藤公威
#32池田雄一
#54ダバンテ・ガードナー

 

「A東京」
#2ディアンテ・ギャレット
#13菊地祥平
#15竹内譲次
#24田中大貴
#33トロイ・ギレンウォーター
※オンザコート数:新潟、A東京ともに2-1-1-2

 

■主な個人成績
#54ダバンテ・ガードナー 20得点、6リバウンド、3アシスト
#13クリント・チャップマン 17得点、11リバウンド
#3畠山俊樹 12得点、2アシスト
#7五十嵐圭 8得点
 

ボックススコア、ヘッドコーチコメントはこちら

RELATED

関連ニュース

オフィシャルユニフォーム&ウェアスポンサー

プレミアムスポンサー

オフィシャルスポンサー

ユニフォームウェアサプライヤー

広告スポンサー

サポートカンパニー

自動販売機設置店