MENU

NIIGATA
ALBIREX BB

MENU

NEWS

HOME>ニュース>【試合結果】12/24(土) B1リーグ 第14節 GAME2 千葉ジェッツ戦

【試合結果】12/24(土) B1リーグ 第14節 GAME2 千葉ジェッツ戦

DSC_6723.jpg

千葉の圧力に屈し大敗

前日はシーソーゲームをものにし、千葉の連勝を止めた新潟。4,000人を超えるブースターが詰めかけたX'mas GAMEで連勝を狙う。スタートは変わらず#7 五十嵐、#13 チャップマン、#23 佐藤公、#32 池田、#54 ガードナー。千葉は#2 富樫、#3 パーカー、#16 アームストロング、#27 石井、#34 小野の5人。

第1Q、開始から1分で千葉#2 富樫に連続得点、#34 小野に3Pを許し0-6となるが、#23 佐藤公のジャンプショット、#13 チャップマンの3Pでついていく。#54 ガードナーを中心に加点し、#7 五十嵐の3Pも決まるが、ファウルがかさみ、#34 小野や#16 アームストロングにフリースローを決められリードを許す。終盤、リバウンドから#44 バン・トリースが押し込み17-17で終了。

第2Q、千葉#27 石井の3P、#34 小野が続き、さらに#33 ストーンに3Pを許し17-25となったところで新潟はタイムアウト。仕切り直しを図るが、インサイドを封じ込められ、思うようなオフェンスを展開できず無得点が続く。苦しむ新潟とは逆に、千葉#27 石井や#33 ストーンに3Pを許し、リードを広げられてしまう。新潟は中盤#54 ガードナーがこのQ初得点をあげると、#7 五十嵐、#13 チャップマンが加点していくが、千葉の勢いは止まらず28-44と劣勢のまま後半へ。

逆転のきっかけを作りたい第3Q、#13 チャップマンがインサイドからアタック、#7 五十嵐も3Pを決めていくが、千葉も#3 パーカーらが加点。リバウンドで劣勢の中、セカンドチャンスを得点に繋げられてしまう。さらにターンオーバーが目立ち、千葉はファストブレイクから確実に得点。新潟は#13 チャップマンが奮闘するも、点差を縮めるには至らず51-71で最終Qへ。

最終Q、#54 ガードナーがインサイドから加点、#7 五十嵐も3Pで続くが、千葉はアウトサイドが好調。#1 阿部の3Pに#34 小野が連続3Pでさらにリードを広げられてしまう。新潟は焦りからか攻守にちぐはぐなプレーが出始め、ミスから失点を許すシーンが増えていく。#23 佐藤公が3Pと連続得点で気を吐くが、千葉も#33 ストーンが続けざまに得点と終始劣勢のまま69-106で試合終了。年内最終戦は黒星となり、X'mas GAMEを1勝1敗で終えた。

DSC_5684.jpg DSC_5885.jpg
DSC_7764.jpg DSC_6226.jpg

■スコア
新潟アルビレックスBB 69-106 千葉ジェッツ
1Q 17-17
2Q 11-27
3Q 23-27
4Q 18-35

 

■スターティング5
「新潟」
#7五十嵐圭
#13クリント・チャップマン
#23佐藤公威
#32池田雄一
#54ダバンテ・ガードナー

 

「千葉」
#2富樫勇樹
#3マイケル・パーカー
#16ヒルトン・アームストロング
#27石井講祐
#34小野龍猛
※オンザコート数:新潟2-1-1-2、千葉1-2-1-2

 

■主な個人成績
#13クリント・チャップマン 19得点、10リバウンド、2ブロックショット
#7五十嵐圭 19得点、5リバウンド、3アシスト
#54ダバンテ・ガードナー 18得点、5リバウンド、2アシスト
#23佐藤公威 11得点
#44スティーブン・バン・トリース 2得点、7リバウンド
 

ボックススコア、ヘッドコーチコメントはこちら

RELATED

関連ニュース

オフィシャルユニフォーム&ウェアスポンサー

プレミアムスポンサー

オフィシャルスポンサー

ユニフォームウェアサプライヤー

広告スポンサー

サポートカンパニー

自動販売機設置店